花山椒入荷中です

爽やかな辛みが、春の終わりをおもわせる花山椒

227499

弊店の花山椒・実山椒は、洛西 愛宕山麓 水尾の里から、
生産者さんに直接納入して頂いております。

(こちらの写真も、生産者さんに撮影いただきました)

今年はサクラの開花が遅れたように、春先に低温がつづき、
一般に流通している中央市場の吉野の花山椒は、初値がとんでもない値段でした。

安定納入・地産地消で、生産者産さんには本当に感謝しております。

ひとつひとつ手摘みで、採取されるのは、どれほど大変かと思います。

なんとも香り高く食感がすばらしい花山椒、
この時季だけのいっときの贅沢です。

 
花山椒がふんだんに入った「花ちりめん」などをそろえた
「さくらいの馳走づくし」

ご好評頂いております。ご自宅用・ご進物にお使いくださいませ。 店主謹白

Categories: お料理 | 花山椒入荷中です はコメントを受け付けていません。

送料・代引き手数料のご案内 60サイズの場合  

商品につきましては、さくらいの馳走づくし 
をご覧下さいませ。

Categories: さくらい徒然 | Tags: , , , , , , , , , , , , | 送料・代引き手数料のご案内 60サイズの場合   はコメントを受け付けていません。

春の先附

ご覧頂きありがとうございます。

麗らかな陽気に誘われて櫻並木の賀茂川を北上して頂くと
掛け替え工事中の御薗橋がございます。

御薗橋と上賀茂橋の間に、見事な櫻のトンネルがございます。

見頃は、あと一週間先くらいでしょうか。

今年は、さくらの時季が長ごうございます。

IMG_0682

 

 

こちらは、充分に鰹だしの旨み吸った
山菜さまざまに
これから旬を迎える鳥貝、
そして名残となりました赤貝を
乾山写しの桜鉢に盛りました。

昆布と鰹をじっくり抽出した土佐酢と
数種の柑橘をブレンドした黄身酢をまとわせて、
お召し上がり頂きます。

春のさくらい、スペシャリテです。
ごちそうさまでした。

Categories: さくらい徒然 | Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , | 春の先附 はコメントを受け付けていません。

おせち料理終わらせて頂きました。

本年1年のご愛顧に感謝し
きたる平成29年丁酉年も、
何卒お引き立て賜りますようお願い致します。

店主謹白

img_2954

 

Categories: さくらい徒然 | おせち料理終わらせて頂きました。 はコメントを受け付けていません。

撮影風景~「おあつらえの結婚式」パンフレット

ご覧頂き、ありがとうございます。

先日、いつも大変お世話になっている、LSTウェディング様に、
弊店 ご婚礼用パンフレットの、撮影にお越し頂きました。

s-IMG_1249

 

 

 

 

 

 

 

お鬘に角かくし、そして鶴の文様が美しい白無垢です

連日のなたね梅雨から一転、からっとした春の陽光に恵まれた一日でした

 

s-IMG_1302

 

 

 

 

 

 

 

次に上賀茂神社様と結びつきの強い、LST様が、特別に誂えられた一点物の打掛です。

祝いの色である赤の緞子地に、
挙式をされる「細殿」や葵祭の「牛車」など、
上賀茂神社様にちなんだ図柄がちりばめられ、
「斎王櫻」が咲き誇る様を、総刺繍でつくられた、
いわば上賀茂神社の絵地図のような唯一無二の色打掛です。

 

s-IMG_1318

 

 

 

 

 

 

 

そして結びは、御髪を洋髪にされ、
淡いピンクの地に、 牡丹をはじめ
様々な花が描かれたとてもフェミニンな色打掛でした。

まだまだ写真はあるのですが、
パンフレットが出来ましたら、またお知らせ致します。

関わって頂きました皆様に、この場を借り厚く御礼申し上げます。 店主謹白

Categories: さくらい徒然 | 撮影風景~「おあつらえの結婚式」パンフレット はコメントを受け付けていません。

スマートフォンからのワードプレス試行錯誤 2

image

『クイックフォト』なる機能があり
写真を撮ると、即座にテキスト入力画面が、現れます。
京都上賀茂社家町は、ようやく晴れてまいりました。

Categories: さくらい徒然 | スマートフォンからのワードプレス試行錯誤 2 はコメントを受け付けていません。

スマートフォンからのワードプレス試行錯誤

タイトルのとおり、
スマートフォンからの
投稿テストです

image


毎年おなじように、
吉兆笹を授けていただけることに、
感謝させて頂きます。

Categories: さくらい徒然 | スマートフォンからのワードプレス試行錯誤 はコメントを受け付けていません。

産地探訪~静岡県浜松市~

DSC_0645   ご覧いただきまして、ありがとうございます。

先日、浜松市にあります、服部中村養鼈場さんにお伺いしました。

広大な敷地に、何十もの養殖池が広がります

 

 

 

 

 

 

DSC_0642
代表取締役の、服部征二さん

お顔がツルツルでいらっしゃいます。

服部さんがお話になるには、

すっぽんというと強壮効果が一人歩きしていますが、

すっぽんは美味しいものというイメージを再認識して頂きたい。

 

薬剤を一切使わず、自然に近い形で養殖されているとお伺いしました。

ちょうどこのときは、従業員さん総出で草刈りをされていました。

除草剤をまけば良いのに、と安直に思いますが、皆さんの口に入る物ですから、と・・・。

 

 

 

dcs_0644_1
また、すっぽんに噛まれたら、雷が鳴るまで離さないと、言われますが、実はすっぽんは、臆病者とのこと。

池の周囲に甲羅干しできる板があり、遠目にはたくさん水から上がっていたのですが、左の写真のように、撮影できたすっぽんは、この一枚のみでした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0637今回、我々の同業組合青年会の見学を快く受け入れて下さり、ありがとうございました。

前夜にお伺いした「懐石 いっ木」一木 敏哉さんこちらにもご同行頂き

長い時間、ありがとうございました。

充実した研修旅行で、皆さんにも喜んで頂き、企画引率者としましては、ホッとしました^^

ご覧頂き、ありがとうございました。

Categories: さくらい徒然, 未分類 | 産地探訪~静岡県浜松市~ はコメントを受け付けていません。

産地訪問~愛知県豊川市~

 

 

ご覧頂き、ありがとうございます。

先日、同業組合の青年会で
東三(とうさん)温室園芸農業協同組合様を訪問しました。

京料理には欠かせない、大葉(しその葉)と木の芽(さんしょ)の農場見学をさせて頂きました。

 

DSC_0630

ご覧下さい この青々とした大葉を。

「あいちそだち」と銘打って
「生産者の顔が見える青果物」とキャンペーンをされています。

『大葉は添えるから食べるへ』というキャッチフレーズのもと、香りの強さ、味の濃さを重視し、食べてもらうことをメインに栽培されています

 

 

 

 

DSC_0631栽培方法、収穫について、また病害虫などの苦労話など、お伺いしました。

見本に1枚摘まれたところ、その瞬間に、しそのすがすがしい良い香りが漂いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0632

そして、木の芽の見学をさせて頂きました。

 

この細かい葉を、ご覧下さい。

まさに、「木から出ている芽」って感じですね。

 

 

 

 

 


 

DSC_0633

この腰より低い位置にある木の芽を、
1枚ずつ摘まれるそうです。

種苗の管理方法など、色々ご苦労話をお伺い出来ました。

京料理はもとより、日本料理、そして和食に無くてはならぬ、大葉と木の芽です。

生産者さまの様々なお話しを聞くことにより、理解を深め勉強できました。

東三温室園芸農業協同組合様の皆様、ご多用のところ、ありがとうございました。

 

 

 

Categories: さくらい徒然 | 産地訪問~愛知県豊川市~ はコメントを受け付けていません。

仮遷宮

 

昨夜は、上賀茂神社さんの仮遷宮に参拝しました。

 

静まりかえった漆黒の闇のなか、
宮司さまが、「おー」という声とともに
ご本殿から仮の御殿である権殿に、
大神様をお移しになりました。

 

幕に覆われ、中の様子をうかがえませんが、
まさに神秘に満ちた凜とした空気が漂っていました。

 

午後8時からこのお祭りが始まったのですが、
この闇のことを、浄闇(じょうあん)と呼ぶそうで
古来より日本人が、きよい時間としてきたと説明がありました。

 

参列者は低頭してその時を迎えるわけですが
ちょうどホタルが幽玄に漂っていたのが印象的でした。

 

権殿から、改修を終え万事整ったご本殿に戻られるのは
来年10月15日の正遷宮になります。
ご覧頂き、ありがとうございました。

・・・・・

写真は、昨夜のものではございませんが
上賀茂神社のホタルです。(クリックすると大きくなります↓)

IMG_5042
今年は特に多いようです。

 

Categories: さくらい徒然 | 仮遷宮 はコメントを受け付けていません。